2011年11月30日

11月29日 北千住Knock

SHIRO追悼ライブ。
そこにSHIROくんがいるようには思わなかった。
けど、彼の音楽のやり方、流儀があの場所を支配していて、みんなそのやり方でやったライブだったような気がする。
バンドでの演奏が始まってすぐ、「ああそうか、わかった。君のやり方でやるよ。今夜はそういうことだよね、きっと」と思い、彼の写真の前にあるバーボンの杯を受けることにした。
なんというか、ひじょうにロック的な、底の方から常に突き動かされてる感じ、すごい勢いで背中を押され続けてる感じといえばいいのか。
でも、決して押し付けられてる感じではなく、嫌じゃないんだな。
そのあとのソロは、急遽ヤマサキテツヤくんとのデュオで、セッションをやったんだけど、その時もそれは変わらなかった。
今夜僕は、SHIROくんが音楽で見ていた景色を見た気がする。
posted by 三輪雅也 at 01:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

明日は

というか、もう今日か。
29日(火)は北千住Knockです。
ソロとバンド二本立て。
仕事終わりにかけつけるので、9:30頃に着けるかなあ?ってとこ。
なので出演は、それよりあとの時間ってことになります。
都合つく方、ぜひお越しください。
バンドいい感じよ。
posted by 三輪雅也 at 03:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

11月27日 北千住Knock

お客さんが、ものすごく真剣に聴いてくれるもんだから、なんだか照れちゃった。
どんだけ江戸っ子なんだ俺は。三重県出身ですけど。
ほんと嬉しかったです。
どうもありがとう。
ぜひまたお越しください。
そのときは、もっと堂々と受け止めますから。
なんて書いてたら、逆方向の電車に乗ってた。
ヤバイ、急いで降りて向かいのホームに行ったけど、もう終電が出たあとだ。
帰れるのか俺?
今日は、自信満々で15時にKnockに着いたつもりが、改めて時計を見たら16時だったし。
どんな勘違いだ。
自分でも訳わからん。
posted by 三輪雅也 at 00:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする